脚のむくみの予防にはリンパマッサージを行うことが大切

むくみの中でも脚がむくんだことのある人は多いかもしれません。
長時間のデスクワークや立ちっぱなしの作業などが続くと、どうしても脚がむくんでしまいます。

脚を動かさないでいると、リンパの流れが悪くなってしまいます。
そのため、リンパの動きが悪くなり、脚がむくんできます。

夕方になると靴がきつく感じるのも、脚がむくんでいる証拠です。
同じ動かない状態でも、睡眠は兆時間ですが、何らかの病気でない限り、脚がむくむことはありません。

むしろ十分な睡眠で、脚のむくみが改善されていることがあります。
体を横にしていることで、重力が足先に行かないので、脚はむくみから解放されやすくなります。

しかし、やはりアフターケアを何もしないでいるよりも、マッサージなどを行ったほうが、脚のむくみを早く改善することができます。

脚のむくみの予防と改善方法

脚がむくまないためにあらかじめ加圧ソックスなどを履くのも効果的です。
実際にデスクワークや立ちっぱなしの作業の人で、加圧ソックスを利用している人は多くいます。

加圧ソックスでむくみやすいふくらはぎを引き締めておくことによって、足もとがむくまないように予防することができます。
その為に、リンパの流れが滞るのを防ぐ効果もあります。

いくら脚のむくみの予防をしたとしても、毎日座りっぱなし、立ちっぱなしの状態では、やはり完全にむくみを解消するのは難しいかもしれません。

リンパマッサージをおこなう

e--89

入浴中は脚も温まるので、リンパマッサージを行うのも効果的です。
リンパは脚の骨と肉の間に流れています。

リンパが滞っていると、触っただけでも痛みを感じます。
リンパの流れを良くするために、指の腹で下の方から上に向かって優しくマッサージをすると良いでしょう。

自分でもリンパマッサージはできますが、疲れている時などは面倒に感じることがあります。
そのような時は身近にいる家族やプロにやってもらっても良いでしょう。

また、就寝時に足元を少し上げて寝ると、足が軽くなっていきます。
さらにヨガで言うゴキブリのポーズやふくらはぎを揉むマッサージも効果的です。

脚がむくんだままで放っておくと、さらにひどくなってしまいます。
こまめに脚のむくみを改善していくように心がけたいものです。

また、足つぼマッサージなども脚のむくみの改善が期待できます。
自分で手軽にできる方法を見つけ、こまめにむくみの予防や改善を行っていくようにしましょう。